平均足の利点、使い方

外国為替での取引は平均足を上手に見極め利用することで常勝できる!

ローソク足と平均足

FX取引で基本となるチャートは「ローソク足」でしょう。確かに今までの情報も数多く存在し、そのチャートの見方や利用方法についても多くの情報が存在するのがローソク足チャートです。しかしローソク足のチャートは売買のタイミングなどを見極めることに特化しているわけではありません。チャートの中でも特に売買のトレンドを把握するのに有効なのが「平均足」と言われているチャートなのです。

平均足の仕組み

ローソク足では高値、安値、始値、終値が表示されています。平均足でも高値と安値の表示はローソク足と同様に「ヒゲ」として表示されますが、間にある実体の部分はローソク足のように始値、終値ではありません。片方が前日の始値、終値の平均、そしてもう一端が当日の高値、安値、始値、終値の平均です。

このことから言えるのはまず一つ、単純にその日の価格ではなく前日の価格も加味されていると言うことです。この結果出てきた平均足は前日の数値も加味していることもありトレンドが出やすくなっています。ローソク足と比較すると分かりますが、一度反転すればその反転が継続すると言うことが良く分かるでしょう。

更にその上昇の力は「ヒゲ」の長さだけに注目すれば判別することができます。上へのヒゲが長ければ長いだけ上昇の傾向は強く、下降の場合にはその逆です。陽線で下のヒゲが長いようであれば上昇が止まる前触れであると言うこともすぐに判断することが可能で、ローソク足よりも目で見たときに判別しやすいと感じるかもしれません。

初心者には分かりやすい

この二つの点から考えると特に平均足はチャート初心者には使いやすい、見やすいツールではないかと言えます。ローソク足のように多くのパターンからその意味を考える必要はなく、ヒゲの長いほうが力が強いと言うことだけ覚えていれば平均足を見ていくことは可能です。もちろん初心者でなくても活用する方法はありますが、特に初心者には強い味方となることは間違いないでしょう。

取引には多くの情報が必要

しかし、FXだけに限らずどのような取引においても一つのチャートを見ただけで確実に予想が出来るというわけではありません。ローソク足、平均足、どちらを利用するにしてもそれと併用して多くの指標の中から自分の取引に合った指標を探し出す必要があるでしょう。

指標は一通り勉強しておこう

指標の代表的なものにはトレンド系といわれるその後の全体の流れを中長期的に判断する方法オシレーター系と言われるその時点での価格の振動の度合いを見るものがあります。これら二つの代表的な指標を元に総合的に判断を行っていく必要があります。

大切なのは基本

そしてまずはそれらのチャートに関して基本を抑えることが大切でしょう。どのようなチャートでも「なんとなく」見ていてもそこには何も生まれてきません。大切なのはそのチャートがどのようなもので、どのようなときに、どのように動けばよいのかという基本的な部分をまずは把握しておくことが重要なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加