チャートの基本

外国為替証拠金取引でも有効に使えるチャート利用の基本の基本とは?

取引においてチャートは必須!

FX取引(外国為替証拠金取引)を行うときに必ず情報として必要なのが「チャート」です。もちろんチャートを見ずに売買を行うことは出来ないわけではありません。しかし安定的なリターンを望むのであればチャートとチャートの動きから判断するテクニカル分析は必須のものと言えるでしょう。

しかし現実にはチャートの上下は雰囲気でなんとなく分かるものの詳しくは良く分からないという状態で取引を行っている人も少なくありません。今回はチャートを使った分析を行ううえで必ず知っておかなければならないことを把握し、取引でチャートを有効に使う方法をご説明しましょう。

代表的なチャート

通貨ペアの動きを判断するための材料として代表的なものには二つのもが存在します。一つは通貨の状況や各国の経済政策、各機関の取り組みの方向性などを元にその後の通貨価値の上下判断を行う「ファンダメンタル分析」そしてチャートなどの情報を基にして判断を行っていく「テクニカル分析」です。

チャートはその通貨の価格の推移を表したグラフです。通貨にはその日が始まるときの価格である「始値」その日の終わりの価格である「終値」その日の最高の価格である「高値」そしてその日の最も安い価格である「安値」があります。この中の一つの価格をピックアップして線でつないでいけばよく見る「折れ線グラフ」ができ、これら四つの価格をある一定の決まりに基づいて表示すれば「ローソク足チャート」が出来上がります。

取引スタイルによってチャートを使い分ける

このローソク足チャートが日本でFXを行うときには基本になります。上記で説明を行ったローソク足チャートは「その日」一日の価格をベースにチャートを作成していることになりますので「日足」と呼ばれるチャートになります。チャートを「一ヶ月ごと」の価格で作成すれば「月足」一時間ごとの価格で作成すれば「時間足」一分ごとに行えば「分足」ということになるのです。

一日など短い期間での売買を考えているのであれば月足のチャートを利用していては価格の予測は不可能です。短期間での売買を行うのであれば短時間での足、中長期的な感覚で取引を行うのであれば長期間の足を参考に取引の方向性を見極めていくと言うことになるでしょう。

その他のチャート

ベースとなるチャートには様々なものがあり、同じ四つの価格を元に作成しているとしてもその表示形式によって見た目が全く違うこともあります。欧米でよく使われる「バーチャート」や売買の方向性を見ることに特化している「平均足」なども基本にあるチャートとしてはメジャーなものです。

チャートの利用方法

冒頭でこのチャートを使った分析を「テクニカル分析」と説明しましたが、チャートや通貨価格を基にして計算を行っている「テクニカル指標」も分析では良く使われます。このテクニカル指標には「移動平均線」や「ピボット」などの「トレンド系指標」「RSI」や「MACD」など多くの種類がある「オシレータ系指標」を代表に様々なものがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加