デモトレード活用法

FXの「デモトレード」は初心者に限らず経験者でも利用価値がある!

証券会社を選ぶときに使えるツール

FX取引を扱っている証券会社には非常に多くの企業があります。古くからある証券会社、FXに特化した新しい証券会社など非常に多くの会社が存在することはFX初心者でも知っていることではないかと思います。これら多くの証券会社の中から自分に合った証券会社を決める必要がありますが、その中でも特に参考になるのが実際にお金をかけずに取引を行うことが出来る「デモトレード」です。

このデモトレードは証券会社の全てが準備をしているわけではありません。しかしFX取引を今から行おうとする人にとって取引の実際の感覚を味わうためには非常に適したツールであり、取引を始める前にまずはデモツールで取引を行ってみると言うことは大きなメリットが多く存在します。

デモツールの意外な利用方法

デモツールのメリットはFX初心者が証券会社を選ぶ段階だけに存在するわけではありません。デモツールは実際のレートに基づいて取引を行ってみることが出来るツールです。従って既にFX取引を行っている人であっても有効に利用することができます。では実際にどのようなときにこのデモトレードを利用すれば良いのでしょうか。

「ためしにやってみる」ときには非常に有効

特に利用価値が高いのが、行ってみたい取引があるが大きなリスクを伴う可能性があるような場合です。現在の自分の取引のスタイルとは別に試してみたい手法などがあるときには、実際にお金をかけて取引を行う前にまずはデモツールを利用してその取引手法の確認をすることができます。特に多くなりターンやリスクを伴う場合にはじっくりとデモツールで取引を確認してから実際のお金で取引を行うと言う方法は非常に有効です。

このように一時的にリターンの大きい取引についてデモトレードで取引の方法について確認を行う以外にも、自分の投資スタイルの変更を考えているときにデモツールを使うこともできます。現在確立している投資スタイルを変更することはなかなか難しいこともあります。そのようなときにデモツールを利用して取引を行ってみれば、自分の欠点や注意しなければならないことが冷静に、客観的に見れることも少なくありません。

デモトレードと実際のトレードの違い

ただし、デモトレードでも注意しなければならないことがあります。それは実際にお金がかかった取引と比較して精神的な面で負担が少ないと言うことです。実際にお金に影響を及ぼさないデモツールでは損切りも問題なく出来ていたとしても、実際にお金がかかると「存したくない」と言う気持ちがとても大きく影響していきます。

違いをしっかりと認識しておこう

デモツールではこの心のバイアスが全く働かないと言うことに注意が必要です。どれだけ小さな金額であったとしても、実際のトレードとはやはり大きく変わってくるということをしっかりと把握しておくことが重要になります。実際にデモトレードを利用している人の勝率は通常の取引とは比較にならないほど良いそうです。

デモトレードはFX初心者だけでなく、上手に利用すれば多くの場面で利用することが出来ると言うことは間違いありません。ただし、利用に当たっては心理的に大きな違いがあるということさえ認識していれば非常に有効に使えるツールの一つと言うことができるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加