証券会社の選び方

FX証券会社選びで失敗しないための予備知識とテクニックを知ろう!

証券会社が多すぎて選べない!

FX(為替証拠金取引)を新たに始めるとき、そしてすでに始めているけれども証券会社を変えようと考えているときにはどのような基準で証券会社を選べばよいのでしょうか。現在既に取引を行っている場合でも、新たに取引を始める場合でも、証券会社の選び方を知っておくことができればその後の取引もより円滑に進めることが出来るのです。

まず投資スタイルを確認

まず最初に確認しておかなければならないのは自分の投資スタイルです。頻繁に取引を行うデイトレードタイプなのか、日を跨いでポジションを持つこともあるような投資のスタイルなのか、FX以外にも投資を行っているのかなど投資のスタイルは様々です。そしてこの投資のスタイルによって選ぶべき証券会社には変化が生じます。

操作性?

証券会社の選定で特に注意しなければならないのは何と言ってもその操作性でしょう。いくら通貨の売買スプレッドが小さかったとしても、いくら知名度が高かったとしても、操作性が悪ければ取引自体億劫になることもあります。しかしこのような取引システムの相性を重視しなければならないのは投資のスタイルがデイトレードタイプの場合のみ。それ以外の投資スタイルであれば操作性をそれほど重要視する必要はなくなってきます。

操作性を重視するのであればまずは複数の証券会社に申し込み取引ツールを利用することが重要になります。事務手続きは煩雑になることが否めませんが、多くの会社のツールを利用することで自分の好みも把握できるでしょう。中にはデモツールなどを用意しているところもありますので上手に利用しましょう。

手続きが簡単?

一日の取引が0回から5回程度であれば操作性を重視する必要はありません。この場合にはむしろ他の点を重視する必要が出てくるでしょう。他の投資商品も購入しているのであれば同じ証券会社のFXトレードを利用することで年間の取引履歴や各種手続きなどを一括して行うことができます。複数の会社を利用したトレードと比較すればその操作性についても把握しやすいと言うことも言えます。

コスト重視?

これらの基準に加えてやはり考慮の必要が出てくるのがスプレッドや新規申し込み時のサービスなどコスト的な側面です。新規開設である程度のキャッシュバックがあったり、スプレッドが小さかったりすればその後のお得感は割り増しになります。デイトレードで一日に何度も売り買いを行うのであればスプレッドは少なからず重視する必要もあります。

噂は必ず確認しよう!

そして忘れてはいけないのがその証券会社の噂です。もちろんあくまで「噂」の領域に止まるものもあれば、行政からの指導など噂ではなく現実として確認できるものもあるでしょう。いずれにせよ大手の銀行がバックアップして保証もあるような証券会社が理想であることは説明するまでもありません。

このように、証券会社選びにはいくつかのポイントが存在します。冒頭でも説明したとおり証券会社を選ぶ基準は自分の投資スタイルを決めることが重要になるでしょう。多くの口座を管理しなければならないような状況であれば性格的な面も大きく影響してくることもあるかもしれません。証券会社選びに必要なことはまずは「自分を知ること」なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加